坐骨神経痛@情報局

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は「奥」「裏側」に走る独特の鈍痛あるいは「ピリピリ」とした神経痛の自覚です。
坐骨神経痛はその名前が示すとおり、坐骨神経が圧迫されることによって生じる神経痛を総称したものであり、病名ではありません。何らかの原因で坐骨神経が圧迫される事で痛みが生じ、臀部から太ももの後ろ側にかけて痛みがあります。
進行すると脚の痺れの範囲が広がり、脚の指先まで痺れるようになり、また天候などによっても症状が不規則に変化することがあります。

坐骨神経痛は、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアのような激痛を伴わない場合が多く、我慢できない痛みではなかったり、限定的な動きをした時だけ痺れたり何だか気持ち悪い感覚が続くといったような症状であるため、痛みがあっても放置しがちです。本来は痛みを自覚した時点ですぐにでも病院あるいは治療院にて診察を受けるべきですが、その段階で治療を開始するケースは稀です。
実際には症状が悪化してしまってから病院での診察を受ける場合が多く、受診が遅れた結果、治療に時間がかかる場合が多々あります。
痛みや痺れの範囲が臀部~太腿の裏側を超えて、膝の裏、足先へと広がっていくと要注意ですので、すぐに病院でレントゲン等の検査を受けましょう。

坐骨神経痛の場合、痛みの範囲は「神経圧迫の度合い」です。
臀部、太腿の裏側であれば比較的まだ神経圧迫が少ないと考えられますが、膝裏から足先へと広がっている場合は神経圧迫がかなり進行しています。痛みや違和感が徐々に「痺れ」へと変化していき、更に進行すると、筋肉機能障害や排尿障害を引き起こす可能性があります。

また、坐骨神経痛と症状は似た別の病気が原因となっている場合もあります。
足の血管が詰まっていたり、子宮がんや前立腺がんが原因で引き起こされる臀部や下肢の痛み・痺れの可能性もあります。
臀部や下肢の違和感、痛み、痺れ等を感じたらまずは通院、検査を受けるようにしましょう。

坐骨神経痛は筋肉・骨の強度が衰えてくる中高年の世代に最も多く発症する症状ですが若い世代の人発症も少なくはありません。
年齢のせいだからしょうがない、若いから関係ないなどと自己判断をするのではなく、まずは医師の診察を受けることが重要です。